2010年01月18日

ギャンタン月曜日 第93回

時刻は、夜10時を少し回ったところ

第93回ギャンタン月曜日

ハンチョウ〜神南署安積班SEAIES 2芸人特集


年末から、
やれ!佐々木蔵之介だ!やれ!ハンチョウだ!
と、言ってますが、
今回のハンチョウは、蔵之介さんではなく、
第2回の脚本家、大川俊道先生の脚本に注目だ!


近年、「踊る大捜査線」が、刑事ドラマと勘違いされている世の中で、

ハンチョウも、
「水戸黄門」の枠だけあって、“人情ドラマ”よりなのだが


人間ドラマ系の刑事ドラマに、属するだろう

ちなみに、「踊る大捜査線」は、
刑事ドラマではなく、刑事が職業の人が主人公のドラマです


mixiの刑事ドラマのコミでも、たまに、「踊る」を
刑事ドラマに入れるのか?入れないのか?と、議論になるが、
だいたいのコミが、入れなかったり、
時系列で、刑事ドラマを理解出来るコミ参加者なら、
やはり!「踊る」は、入れることはない!

92年に「刑事貴族3」が終了後、まともな刑事ドラマがないので、
「踊る」を勘違いしてしまう人が居る事は、理解出来るが、
ただ、それは誤解です

あれから、20年弱!
今夜は、刑事ドラマが帰ってきた!
「あぶ刑事」「ベイシティコップ」「刑事貴族」の、
ライターのメンバーのひとりで、
Vシネマ「クライムハンター」の監督、大川俊道先生が、
今日の「ハンチョウ」の脚本を担当した!

先に言っておくが、自分は大川脚本マニアだ
先週の「ハンチョウ」の予告の映像を観た時点で、
・予告から観てとれるストーリー
・画面から出る作品の雰囲気

これは、来週の「ハンチョウ」は、大川脚本の可能性ありだな!
と、感じていた。
勿論、そういう予想は外れる事もあるが、
大川脚本に関しては、だいたい当てるよ!

「ハンチョウ」をずっと観ている人なら分かるはずだが、
今日の事件の始まりが、いきなり、拳銃の取引からだ!
ないよ!ハンチョウで、その始まり!
そして、はりこみの刑事が、清掃員の格好に変装している。
あるよ!大川脚本に!
(ベイシティコップ)

そして、謎の人物に拳銃が奪われる、主人公のミスにより
あるよ!大川脚本に!
(刑事貴族で、地井さんが、主人公の話の回)

拳銃を奪った謎の人物からの電話からの指示により、
町を走りまわらされる、ハンチョウの蔵之介さん!

刑事ドラマと言えば、刑事が走る!

ジーン・ハックマン映画「フレンチ・コネクション」以来!
刑事は、走るもんなんです!

しかし「ハンチョウ」でこのシーン!なかったな〜

大川脚本にはあるんです!

ベイシティコップでも、
走ったよ〜藤竜也さん!

「ハンチョウ」では、珍しい台詞

『リボルバ』『9ミリ』

それそれ!

刑事ドラマはね!銃の説明の件があるんだよ!

刑事貴族の時は『357』だったよ!

「ハンチョウ」で、発砲シーンがあることが珍しいのだが、
なきゃダメでしょ!刑事ドラマなんだから!

西部警察なんか、めちゃくちゃ撃ちまくりだったんだし!

まぁ〜 勿論、そこまでしなくても、
軽くは、発砲シーン入れてほしいね〜

大川脚本には、渋い登場人物が出てくる。
ハードボイルドですよ!

ベイシティコップで、藤竜也さん!
刑事貴族で、地井武男さん!

今回は、神田正輝さんだ!
白髪が増えて、随分渋くなったよ!
神田さんと言えば、
「太陽にほえろ」「ゴリラ」だが、
随分渋くなった!

「俺たちは天使だ!」から計れば、随分渋くなった!

こう言う渋くおっさん(ベイシティの時の藤さんは、30代だが)が、
出てこないとダメだよ!

「仮面ライダーW」も、ハードボイルドを目指す、ハーフボイルド!
時代が帰ってきたんじゃない?

さー!皆でTBSに、

『今日のハンチョウはよかった!』
『ハンチョウ、格好よかった』
『また、あんなハンチョウが観たい』
と、今すぐ書き込みしてくれ!
そして、現代に、本当の刑事ドラマを取り戻そう!




200909021540000.jpg

写真は、ベイシティコップで、
ガンエフェクトを担当した、
ビッグショットさんからお借りした、
番組で藤竜也さんが使用してた、
本物の“ジョン”を持つ、十一十三です。








R1で、殺し屋藤原タケシを応援に来てくださった
リスナーの皆さん、ありがとうございました。


posted by 十一十三 at 23:18| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ギャンタン月曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったくおっしゃる通りだと思います。

大川先生さすがでした。

ベイシティ刑事未見なのが残念。みてみたいです
Posted by M at 2010年02月04日 03:29
Mさん!
ありがとうございます。

何とか、大川先生に突破口を開いていただいて、
カムバック!刑事ドラマ黄金期です!

ちなみに、Mさん、関西ですか?
VEGAは、ミナミで唯一!ちょいちょいベイシティ刑事を上映する、素敵なお店です!
是非!一度ご来店お待ちしております(笑)
Posted by じゅうぞう at 2010年02月04日 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。